« 『関戸橋フリマでチャリティやりましょう!』 | トップページ | ひさしぶりの釣りは »

関戸橋フリマでチャリティやりました!


まずは当日(4/16)の走行データ

Tm 2:55'52
Dst 70.4
Av 23.3
Mx 58.3


そしてフリマの結果はこちら↓

最終結果報告:「関戸橋フリマでチャリティやりましょう!」をやりました!二日間合計562,500円を募金しました。
http://tanigu.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/sekido_result.html


遅くに出品して売れ残ったら嫌だから、早起きして行ったんだよ
出品物を渡したらチャチャっと買い物して、初めての多摩サイを満喫してこようと思ってたんだけどさ
「スタッフは足りてますから大丈夫ですよ」とも言われたんどけどさ
なんとなくその場を離れたくなくてさ
なんかしなくちゃならないような気がしてさ

俺は福島県いわき市の生まれでね
親類縁者の殆どがいわき市とその周辺に住んでるんだよ
幸いにも皆無事なんどけどさ
それでもやっぱり皆不自由な生活してるんだよ
地震、津波、原発、農作物や水産物への影響、風評被害
いわき市周辺を震源とした大きな余震も続いてるよね
何かしてあげたい、何かしなきゃ、と思っても
俺一人で出来ることには限りがあってさ
というか、ハッキリ言ってしまえば、俺一人じゃ何にも出来なくてさ
何処かの金持ちみたいに大金を寄付することも出来ないし
そこそこ忙しいんでボランティアで現地に行くことも出来ないし
故郷がズタズタになっていくのを、ただ指を咥えて見ているだけしかできなくてさ
それがこう、なんというか、モヤモヤというか、ザワザワというか
やりきれない気分になってたんだよ

そんなときにこのイベントがあってさ
勿論いわき市の為だけに開催されたわけじゃないんだけどさ
それでもやっぱり嬉しくてさ
イベント会場の隅っこでゴミ拾いしてるだけでもいいから
スタッフさんたちの肩を揉むだけでもいいから
少しでも多く、少しでも長く、関わっていたくてさ
ま、最後は一番前で大声出してステッカー売ってたんだけどねf(^^;

「俺にはまだまだ出来ることがある」
「俺一人じゃ出来ないことも、皆が集まれば出来るようになる」
「そもそも俺は一人じゃない」
これらのことを、理屈ではなく、身をもって学ぶことが出来たよ

ありがとう
本当にありがとう

モノを出した人
手を出した人
口を出した人
金を出した人
言いふらした人

みんな本当にありがとう
またやろうね

|

« 『関戸橋フリマでチャリティやりましょう!』 | トップページ | ひさしぶりの釣りは »

コメント

あぁ。。お気持ちなんだか良く判ります。。。

そうなんですよね。。「関わらせてくれよ。」って。。。

それでも、かなりの金額になりましたね。。

侮り難しですな。。。フリマ。。

小生は、現地ボランティアと非難所での授乳の為の授乳着の配布ボランティアをしています。

フリマ、チャンスあったら参加してみたいと思いました。(o^-')b

投稿: 提督 | 2011/04/18 10:59

授乳着ですか
避難所ではプライバシーの確保が難しいでしょうからね
なるほど、素晴らしい!

お互いにこれからも出来ることをしっかりとやっていきましょう!

それはそうと、近々釣りでもどうですか?

投稿: T+angler→提督 | 2011/04/18 12:02

おつかれさまです!

凄い金額ですね、これは。

私も来週岩手入りして、少しでも支援できることをやってこようと思ってます。

お互いに頑張りましょう!!

投稿: garden | 2011/04/20 22:38

ういっす!
帰ってきたら話し聞かせてください

投稿: T+angler→garden | 2011/04/21 00:19

こんにちは!お久しぶりです。

自然と何かしたい気持ちになりますよね。

行動を起こすこと大事だと思います(゚▽゚*)

投稿: うめみ | 2011/05/07 17:03

ごぶさたしてます
お元気でしたか?
こちらはぼちぼちやってます

私にはこれくらいしか出来ませんから
あとは、被災者のことを気に掛けながら日々の生活を続けてゆくことぐらいしか

投稿: T+Angler→うめみ | 2011/05/09 01:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147920/51423875

この記事へのトラックバック一覧です: 関戸橋フリマでチャリティやりました! :

« 『関戸橋フリマでチャリティやりましょう!』 | トップページ | ひさしぶりの釣りは »